ギャラリーテラ京都

(旧)Blog ギャラリー&ショップ テラ 清滝 西陣

現在ご覧いただいているこのブログから、新しいブログに移行しました。右のバナーからどうぞ。
京都国際映画祭 誓願寺にて
 京都国際映画祭に協力して新京極の誓願寺で行われる展覧会、昨日から始まりということで、設営確認を兼ねて、会場をのぞいてきました。

本堂を入ったすぐ右手のところに竹紙コーナーと展示があります。


村上ショージさんの作品数は予想より少なかったけれど、襖サイズの大きな竹紙にもけっこう描きこんではりましたよ。
以前から墨絵を描いておられるそうですが、常日頃、新幹線や車の中の移動でも描けるよう、筆ペンで描いているのだそうです。



ちょこっと竹紙の見本と解説コーナーもあります。

2階広間は『火花』にちなんだ又吉直樹アート展となっていて、ちょっとしたインスタレーション的空間展示となっています。
17日夕方には又吉さんと書家の田中象雨さんのパフォーマンスも開催予定だそうです。



廊下に飾りたいとのことで貸し出した竹紙の灯りいろいろは、なかなかよい感じに足下を照らし出して、ムードを盛り上げていました。

すこしだけご披露します。展示は18日まで10時から16時までだそうです。
http://kiff.kyoto.jp/art/ 京都国際映画祭
| 西陣テラ | 07:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
京都国際映画祭のアート部門で竹紙画展開催されます!
 突然ですが、吉本デビューします!

っていうのは大嘘ですが、吉本興業さんが全体企画をされている「京都国際映画祭」のアート部門にテラがご協力して、竹紙をご紹介することになりました。

話は数ヶ月前にさかのぼりますが、お笑い芸人の村上ショージさんが以前から水墨画をやっていらして(そんなことはまったく知らなかったですが)、ぜひ竹紙に描いてみたいとのことから話が始まり、吉本興行の方が何回か来られて話が進みました。そのうち村上ショージさんも西陣テラに来られて、試し描きをされたりして、オーダーをいただき、最終的に、今年10月中旬に、新京極の誓願寺というお寺(ここ落語発祥のお寺だそうです)で、村上ショージさんの竹紙画展が開かれることになりました。展示会場には、竹紙のご紹介コーナーも設けられる予定です。

その企画が進んでいる途中で、同じく吉本の芸人さん、又吉直樹さん(ピース又吉)が芥川賞受賞という快挙も飛び込んで来て、誓願寺では、村上ショージさんの展覧会と又吉直樹さんの展覧会が行われます。お二人の展示会場の間の通路にも、テラの竹紙の灯りが足下を照らすことになりそうです。

「京都国際映画祭」は、京都市内のいろいろな会場で映画やアート、伝統工芸など、さまざまな催しが行われます。
アート部門の誓願寺での展覧会会期は、たぶん10月13日〜18日になるはずですが、一般の方も入場無料で自由にご覧いただけるそうですので、お時間許す方は、ぜひのぞいてみてください。

京都国際映画祭 WEBサイト http://kiff.kyoto.jp/
または http://kiff.kyoto.jp/art/art_seiganji.php#shoji

 

| 西陣テラ | 00:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
早朝の朝顔
 我が家の庭には朝顔が咲いています。ノアサガオと言う丸葉のアサガオで、いつどこから種が来たのかも覚えがないのですが、何のお世話にしていないのに、春になると必ず芽を出し、勢いよくツルをのばし、夏から秋に濃い紫色の花を咲かせます。

この朝顔、早朝には藍に近いほど青みを帯びた紫色で、日が高くなると、次第に赤みを帯びた色になります。


毎朝、愛犬カリンと6時過ぎに散歩に行きますが、この深い紫の朝顔が咲き誇っている庭に出ると、ハッと目が覚める思いです。
早朝だけの密かな贅沢。

さらに言えば、この朝顔、いつも9月になると元気が増して、花数も多くなるのです。
それで、よく調べてみたら、朝顔ッて元々は秋の植物らしく、俳句でも秋の季語になっていました。ノアサガオは原種に近い品種のようなので、秋のほうが好きなのかもしれません。

| 西陣テラ | 07:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
竹伐り〜浸け込み

先日来、雨の合間を縫って、竹紙の材料である竹の伐り出し〜浸け込み作業をしています。
昨日も半日のこぎりとナタをふるいました。


右肩がバンバンになって、汗だくになりましたが、でも、じつのところ、
私、そういう作業、キライじゃないんです。たぶん。

あまり頭を使わず、ひたすら繰り返す作業、
竹にナタを打ち込み、スパーン問われる時の音、
水を使う事、

なんか、日々ごちゃごちゃ考えている世界とは別次元にすっぽり入れて
心地良いと思います。

| 西陣テラ | 07:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
今年のクリスマスリース
 今年のクリスマスリースです。


清滝の川原で拾って来たツルを丸めて、それに西陣の家の庭の月桂樹とヘクソカズラをぐるぐる巻いてリースにしました。そこに、サンキライの赤い実とセンダンの緑の実(小林斐子さんの展覧会に飾ったもの)、松ぼっくりを差し込みました。
飾りは、昨年末の展覧会で鈴木勇子さんが作られた陶器のクリスマスオーナメント、旅土産にいただいたワタ、ろうそくのカードは、小久保幸子さんが古布をアレンジして作られたもの(台紙は菅野今竹生さんの竹紙)です。
(ほんとはここに飾りたかった湯浅徳子さんのニードルフェルトのサンタさんは、我が家に来たチビッコがいたく気に入ってつれて帰っていきました)

こうしてテラでお世話になった皆さんのゆかりのモノたちが少しずつ集まって、我が家の12月を照らしてくれている、と思うと、なんだかあったかい気分です。

ちなみに、ちょっと年の瀬→正月気分も先取りして、こんなんも飾ってみました。


午→未へ。
張り子は向坂典子さん作。後ろのカードは小久保幸子さん作です。
前にホーキを置いたのは、まだまだ大掃除の途上にあるからでして、今は、ちょっとその気分転換中。


| 西陣テラ | 18:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
竹干支張り子「未」
 師走に入り、今年も残すところ1ヶ月弱となりました。
この季節のテラに登場するのがこれ、毎年おなじみの竹紙干支張り子です。
来年の干支は「未」。


作者はおなじみ向坂典子さん。
陶器で型を作り、竹紙で張り子にした手作り作品です。
軽くて丈夫。中には鈴が入っていますよ。

購入ご希望の方は、西陣テラに在庫があります。
直接買いに来ていただくか、ご遠方の方には郵送もしておりますので、いずれの場合もお電話、メール、ファックスなどでご一報下さい。
価格は1500円+消費税120円=1620円
郵送希望の方は送料200円がプラスとなります。

お声かけお待ちしております!


| 西陣テラ | 15:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
今年の紅葉、西陣編
 山を下りて西陣自宅に帰ってみれば、こちらもまた美しい紅葉でした。
25日は天神さんの縁日。
友人と共に北野天満宮の御土居の紅葉を見に行けば、雨に濡れる燃えるような紅葉のトンネル。





ああ、紅葉堪能の秋でした。
目にも心にも焼き付きました。


| 西陣テラ | 16:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
日々のお話
 清滝テラで展覧会がある時は、日々催しに追われます。
いわゆる貸し会場とは違い、清滝は作家の方々ともお客さんともいろんな意味でしっかり向き合うことを前提としているギャラリーなので(ていうか、町中と違い便利に店が建ち並ぶ場所ではなく、交通も食事も限られているから、食べることから生きることまで全部ひっくるめて!みたいな感じになっちゃうんです)、その期間中は、頭も身体もいっぱいいっぱいです(大体元々いろんなことをいっぺんにできないたちです)。

で、展覧会がひとつ終わると、全力疾走したあとみたいに少しグタッ として、それから西陣テラでの日常に戻ります。

ご存知の通り、西陣テラは竹紙の専門店で、いろいろな竹紙をいろいろな用途で使うべくご紹介をしていて、売るだけでなく、いろいろな竹や紙のご相談にも応じています。
このあいだから、建築へのご提案や、襖、障子への挑戦をしてきましたが、つい先日は「テラさんには竹紙のノートはありますか?」と聞かれて、「和綴じ帳は如何でしょう?」とお答えしました。

 
在庫がなかったので、取り急ぎ制作しました(やっぱりものをつくるって楽しいですよね)。
書の練習帳やスケッチ帳に、はたまた秘密の日記帳や小説の下書きに如何でしょう?(このノート類、来月頃に紙面紹介される予定です)

それから、この期間には、普段行けなかった展覧会に行ったり、行きたかった場所に行ったりもします。



良い景色を見て、空気を吸うと、頭がすっきりしてリフレッシュします。
次にこれがやりたいなあと言う企画もわいてきます。

はたまた、ついおろそかになりがちな家のこともこの期間にしています。
先日は我が家の渋柿を採りました。今年も豊作でした。


夫の母(満93歳です)に手伝ってもらって、吊るし柿を作りました。私はすぐに飽きて他のことがしたくなってしまいますが、おばあちゃんは、こういう手間ひまかかることをするのは、全然嫌ではないらしく、何十個も休みなく皮をむいてくれました。


渋が抜けて、甘く熟した干し柿を食べるのが楽しみです。

と、ソウコウしている間に日々は過ぎ、今年最後の展覧会「小林斐子染織展」明日搬入、あさってより開催となりました。




| 西陣テラ | 07:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
竹紙障子
 先日納品した厭離庵さんの障子用竹紙、別のお部屋の分も漉き上がりましたので、納品がてら、お家にはめられた状態も拝見してまいりました。

土間側から障子4枚が連なっていて、墨絵と書が伸びやかに広がって見えます。
展示会場で見たより、こちらの方がのびのびしていい感じです!
ちょっと暗い土間と、明かりのついたお部屋の間に竹紙障子が境をなしていて、繊維が光に浮かび、陰影が美しく見えました。




ご住職のお話では、現在の小倉山から嵐山の景色に加えて、さらに松尾周辺の墨絵を描かれる予定とのこと。ここは藤原定家ゆかりのお寺ですから、小倉山周辺の景色や和歌、俳句を配した自作の障子は、何よりお似合いです。全部仕上がったら、もう一度見てみたいものと思います。


厭離庵は、普段は一般公開されていませんが、紅葉の季節のみお庭を公開されています。
自然な趣ながら、苔むした緑に赤い紅葉が映えて、それは美しいですので、また機会があれば、訪れてみてください。今年は11月半ば〜半ば過ぎ頃が見頃かな?と思います。

| 西陣テラ | 19:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
竹紙の襖貼り
 今日は、町家のイタリアンのお店、ロカンダきだやさんで竹紙の襖貼りをしました。
いつもおいしいイタリアンをいただきながら、ちょっとでこぼこしている和室の襖が前から気になっていたのです。
ここに竹紙を貼り直したら、すっきりして似合うんじゃないかなあと。

せっかくの機会なので、他の方にもお声掛けしてワークショップ形式でやりましょうということになり、木田さんや楽天堂さんのネットワークで6名余りの方が集ってくださいました。


襖ぶちを外し、表紙をはがし、下張りに出て来た古い和紙に書かれた墨の文字や絵などを楽しみながら補修して、新たな竹紙を貼っていきます。

1枚張り終わって、紙を乾かす間に、木田さんがお昼をごちそうしてくださいました。



うふふ!仕事の合間にこんなおいしいランチをごちそうになれるなんて、働きがいがあります。手や口を動かしつつ、皆さんともお話が弾み、楽しいひとときを過ごしました!

さて、仕上がりの程は、こんな具合となりました(まだ紙が乾いていない所の色が違いますが、乾いたら色がそろいすっきりするはずです)。

はて、どんなもんでしょう?
ご覧になりたい方は、ぜひ今度お食事に行かれて、できばえのほどを確かめてくださいね。
ロカンダきだや  http://locandakidaya.jimdo.com/ 

また紙を漉きためて、次回は中の間の襖も張り替えてみたいと思います(今日来てくださった方々と構想を相談しました)。どうぞお楽しみに!

| 西陣テラ | 19:01 | comments(0) | trackbacks(0) |

新しいブログトップへ



竹紙専門店テラ&ギャラリーテラ
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

アクセス

お問い合わせ


+ PROFILE
+ Recommended Articles

ミャンマー竹紙探訪の旅バナー

2011ラオス竹紙探訪の旅
◆2011ラオス竹紙探訪の旅記録
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23

+ Special Links
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
いままでの催し

いままでの催し
関連記事 : 2016.11.15

いままでの催し

いままでの催し

いままでの催し
手描きジャワ更紗展
関連記事 : 2016.08.08

いままでの催し
命を紡ぐ「出会いの会」
関連記事 : 2016.07.14

いままでの催し
江崎満展とホタルライブ
関連記事 : 2016.06.22 2016.06.18

いままでの催し
遊牧民の織物の世界
関連記事 : 2016.05.12 2016.05.09

いままでの催し
朽木盆と浄法寺菓子盆
いままでの催し
かつみゆきお 木の仕事
関連記事 : 2016.03.31 2016.03.31

いままでの催し
向坂典子展
関連記事 : 2016.02.23 2016.03.07

いままでの催し
小林斐子展
いままでの催し
「大村はま先生に学ぶ」会


いままでの催し
おばあちゃんと私の手仕事展
いままでの催し
気づきのワークとセルフケア


いままでの催し

いままでの催し
関連記事 : 2015.06.25

いままでの催し
関連記事 : 2015.06.13 2015.06.07

いままでの催し
関連記事 : 2015.06.05 2015.06.03 2015.05.22

いままでの催し
関連記事 : 2015.05.12 2015.05.08 2015.05.08

いままでの催し
関連記事 : 2015.04.23 2015.04.30 2015.05.02

いままでの催し
関連記事 : 2015.04.02 2015.04.03 2015.04.06

いままでの催し
関連記事 : 2015.03.1 2015.03.6 2015.03.07 2015.03.10

いままでの催し
関連記事 : 2014.11.22

いままでの催し
関連記事 : 2014.11.04

いままでの催し
関連記事 : 2014.10.02 2014.10.13

いままでの催し

いままでの催し

いままでの催し
関連記事 : 2014.07.18

いままでの催し
関連記事 : 2014.06.21 2014.06.22

いままでの催し
関連記事 : 2014.06.16

いままでの催し
関連記事 : 2014.05.26 2014.06.02

いままでの催し

いままでの催し

いままでの催し





+ OTHERS
+ MOBILE QR
携帯からもアクセスできます。
<< 2/6 >>

Gallery & Shop Terra
このページの先頭へ