Blog ギャラリー&ショップ テラ 清滝 西陣

京都・清滝にある古民家ギャラリーテラ清滝と、竹紙竹筆専門店テラ西陣のブログです。
head
「紀伊国の手しごと作家たち」展のお知らせ

9月17日(土)〜9月25日(日)11時ー17時(最終日16時まで)

和歌山県紀伊半島の山中に在住し、暮らしの中で手しごとモノづくりに励む9人の作家展を開催します。

竹紙を作る今竹生さん、綿から手紡ぎ手織りする菅野あゆみさん、地元の木材を使い家具を作る木工の松本泉さんなど、龍神村の方々のところへは以前から幾度も通っていて、そこもなかなかの山中と思っていたけれど、今回の展覧会のために、他の方々の工房や住まいの場もお訪ねして、山深い地で、自分たちの暮らしとものづくりをする姿勢にあらためて敬服の感をおぼえました。

手しごとのモノのうしろには、人がいて、暮らしがあり、地域がある。人の生き方や土地が見えてくると、モノって俄然おもしろくなりますよ。作品にも作家にも出会ってみて下さい。

 

(画像をクリックすると拡大します)

| 清滝テラ | 12:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
bottom
head
オリンピックの熱戦を見ながら

連日深夜のオリンピックを観戦していて、寝不足の日々が続いているが、このあとに続くパラリンピックも楽しみにしている。
今年はいつもにもましてエールを送りたい理由があるー。なぜなら、ちょっと縁のある選手が出場するはずだから。

話はもう25年以上前のこと、少し長い話になる。

京都に来て間もない私は、知る人も少なく、この地でどう生きていくのか模索中だった。
なにせ、夫以外に関西に知り合いは誰もいなくて、その夫も当時はずっと東京で仕事をしていた。私は夫の実家で義父を看るべく、幼い子供2人と2匹の犬を連れて東京から引っ越して来て、まもない状況だった。
ある日、北野天満宮前の喫茶店に入って一息ついていると、ふと1枚の紙に目がとまった。「英会話教えます」。
店にいた若い女性に聞いてみると、彼女の夫君がイギリス人で、英語を教えてくれるのだと言う。時間にもゆとりがあったし、この際、英語ももう少ししゃべれるようになるといいかもと思い、週に1度の英会話の家庭教師をお願いした。

気持ちの良いイギリス人青年で、英会話はもちろん、イギリスの文化や風習、ものの考え方なども教えていただき、あれこれ話した。はっきり覚えていないが、1年かもっと長く続けただろうか?

そのうち、私は琵琶湖岸に新しくできるという博物館(琵琶湖博物館)の開設準備の仕事につくことになり、英会話の勉強は途切れてしまった。
さらにそれから何年かして、寺町通の町家でテラを始めることになり、仕事にも加速がかかる日々となった。

そんなある日のこと、テラに、イギリス人の英語の先生と喫茶店にいた日本人の奥様のご夫妻が訪ねて来てくれたのだった。たしか、テラを始めたことが新聞記事になり、その記事を見て来てくれたのだったと思う。久方ぶりの嬉しい懐かしい出会いだった。
お二人にはお子さんが生まれていて、幼い少女がテラの2階を小走りに元気よく走っていたのをよく覚えている。実はそのとき、彼女のTシャツから出た腕が片腕であることに気づき、ハッとしたのだが、私もご夫妻もそのことについて話すことはなかった。

それからお二人、いや三人とは会う機会がないまま、長い日が経つこととなった。でも、彼女たちのことは、心の中に残っていて、どうしているかなあと思うことが時折あった。

そして、それから15年以上が過ぎた今年、新聞やネットのニュースで彼女の近況を知った。
彼女はスイマーになっていたのだ!
高校、大学と活躍目覚ましく、19歳の現在、個人メドレー、自由形短距離など、いくつかの種目で日本記録保持者となっているらしい。名前を見て、きっと彼女に違いないと思っていたところ、リオのパラリンピック代表選手としても選出されたことも知り、秘かにドキドキしていた。
ご両親が伸びやかに彼女を育て、彼女もそれに応えたのだろうと思う。

さらには、今、彼女はテレビのCMにも登場している。
「イチローが嫌いだ」という印象的なナレーションで始まるトヨタのCM、見たことある方も多いかと思うが、オリンピックアスリートが登場するいくつかのパターンのひとつに、彼女が泳ぐ姿が登場しているのだ。

一ノ瀬メイさん、19歳。
テレビの向こう側から、地球の反対側から、遠いながらも不思議な縁を感じながら、力強く応援しています!がんばれ!!

トヨタのCM

http://toyota.jp/wows/special/sports/ichinose.html

| - | 17:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
bottom
head
夜の二条城にて七夕文様帷子を

今日は夜の二条城へ行ってまいりました。

 
昨年清滝テラでも展示をしていただいた、後藤順子さんと高橋裕博さんの「七夕文様帷子」(国立博物館の美しい着物を二人が4年半の月日を掛けて再現したものです)が、京都市主催の「京の七夕」の一環として、世界遺産二条城の、国宝二の丸御殿台所にて、8月12日まで展示されているのです。


私はご近所ですので、自宅から自転車に乗って、夕涼みがてらに出かけましたが、城内は随所にライトアップされていて、海外の方や浴衣姿のカップルなどたくさんの人!
二の丸御殿では琴の演奏もあり、華やいだ雰囲気です。


そんな中、後藤さん、高橋さんも会場に詰めておられ、七夕文様帷子の展示はもちろん、お二人による制作解説などの時間もありました。

海外の方々も興味を持って見て下さっていて、希望者にはちょっと着物を羽織らせてくれたりもしていましたよ!


展示は8月12日まで、時間は夜19:00〜21:30(入場21:00まで)。二条城の入場料大人500円が必要ですが、夕涼みがてら二条城城内も散歩でき、気持ちよかったですよ。

| - | 22:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
bottom
head
ジャワ更紗展報告

あれこれしているうちに日々は飛ぶように過ぎてー。

8月3日から7日まではジャワ更紗展でした。

会期中に会場の様子をアップしようと思いつつ、久しぶりの人々に会ったり、遠方よりの来客ありで、あ〜っという間に会期は過ぎてゆきまして、昨日で会期は終了しました。

先程塚本幸子さんは我が家から旅立ってゆかれました(実際に九州に戻られるのは明日朝ですが)。

遅ればせではありますが、展覧会の様子を少しご紹介しておきます。

 

暑い夏を鮮やかに彩るジャワ更紗の数々がやってきました。

 

様々な色や模様はすべて手描き手染め。細かにロウで防染し、ろうけつ染めで繊細な模様が描かれています。

 

ナラサキシノブさんに仕立てていただいたロングブラウスやジャケットも、おしゃれで快適な装いでした。

 

小物や衣服もあれこれありましたよ。

 

塚本幸子さんの説明に耳を傾けました。

 

初日は、塚本達彦さん特製のくらくら麺も楽しみました。

 

下界は連日37〜38度の猛暑でしたが、清滝テラの中は30度を超えることはなく、「涼しい」とまではいきませんが、クーラーなしにもかかわらず過ごせることは、ありがたいことでした。

川では家族連れや若者たち泳ぎ、私も清滝に泊まった早朝には、空也の滝で心正すひとときも持ちました。

 

今は、ひと山越えて、ホッとしつつも清々しい気持ちです。

 

 

 

| 清滝テラ | 14:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
bottom
head
7月3日の報告

遅ればせのご報告になりましたが、7月3日の「命を紡ぐ出会いの会」、緑の法然院にて無事終了致しました。
開場してみれば、お客様は次々来て下さり、当日お越しの方を含め、入場者は100名を越えました。

ドキュメンタリー映画「つ・む・ぐ」の上映会は1時間半の長さでしたが、ときに笑いが起こり、ときに涙があふれ、時間は短く感じられました。上映後には、吉岡敏朗監督が挨拶に立ち、軽快に端的に映画のことを語って下さいました。

 

休憩を挟んでからは、山本公成さん、ほしこさんの月ゆめライブ。笛の音が夕方の緑の法然院の内に外にと響き、いつまでも聞いていたい!と思う心地良さでした。凝縮した時を感じる演奏でした。

 

最後は船戸崇史先生のお話。
冒頭に用意されたパワーポイント映像がプロジェクターと同期しないというハプニングがありましたが、すぐに先生が頭を切り替えて下さり、「きっと今日はこれは使うなということなのでしょう」と生のお話にして下さったのです。それがまたよかった。生の言葉で私達ひとりひとりに具体的に語りかけて下さるようで、お話がダイレクトに中まで伝わった気がしました。

締めは船戸先生の音頭とりによる「かに踊り」。これ一度やってみたかったんです!私。人生は思うようにいかないことばかり、、、と思う時も多いのに、ほんとに言えるんだろうか?そんな思いもあったのですが、あなたもやってみればわかります。

「すべてはうまくいっている」言ってみることで、やってみることで、動くものってあるんだなあ!と。

最後は会場中がハグの渦となって、あんなに暑かったのに、汗もかいていたのに、そんなことはどうでもよいことに思え、知らない方も含めて、ホントに数多くの人と思いを共有する会となりました。


おかげさまで、福島の子供たちを和歌山と堺に招く保養キャンプへの寄付金は、当日の収益金(前回残金含む)と会場内でのカンパも合わせて、16万円余となりました。
皆様の大きなご協力に心より感謝します。

それぞれの方が、身近なところから、自分にできる何かを紡いでゆかれることを願ってやみません。
ありがとうございました。

| 日々のお話 | 16:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
bottom
head
手描きジャワ更紗展 

2016年8月3日(水)〜8月7日(日)11時から17時まで

インドネシアと日本を行き来しながら、手描きのジャワ更紗制作を続ける工房「くらくら」の展覧会です。

「くらくら」の塚本幸子さんとジャワ島の現地職人さんが協力しながら、伝統的な南洋のろうけつ染めを手間ひまかけてて仕事しています。

 

産地ごとに色や模様の異なる更紗布様々をご覧いただける他、丁寧に仕立てたブラウス、ワンピース、スカート、パンツなども制作展示します。テラでも展覧会をしていただいているナラサキシノブさんが、くらくらの更紗布をデザイン縫製したものもあります。

会場では、会場内のデザインで布地を選んでいただいて服を制作する簡易オーダーも承ります。

 

初日のみですが、夫の達彦さんが作る「くらくら特製麺」のスペシャルメニューもあります。化学調味料を使用しない無添加スープに鶏又は豚の特製チャーシューなどトッピングを選んでいただけます。全国に隠れファンのいる「くらくら麺」。こちらもお楽しみに(予約優先、売り切れ御免)。

 

| 清滝テラ | 20:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
bottom
head
7月3日は命を紡ぐ「出会いの会」

江崎展も終わり、一息ついたところですが、7月3日に法然院で会を催します。

 

クリックすると拡大します

 

去年、この会では、小出裕章さんをお招きし、福島原発の現状についてお話を伺いました。今年は「つ・む・ぐ〜織り人は風の道をゆく〜」というドキュメンタリー映画を観て、その中心的な登場人物のひとりである医師、船戸崇史先生のお話を伺います。

優秀な外科医だった船戸先生が、メスで病気を消し去る医療から、「自分らしく生き、自分らしく死んで行く」サポートとしての医療に方向を変え、末期のガン患者と向き合っていく様は、ここのところ家族の医療に向き合う機会の多かった私には、惹き付けられずにいられません。病院で「医療とはなんだろう」と考えてしまうことも多かったので、この機会に皆さんとともに「命」について考えてみたい、と切に思います。


織物のこと、農と生のこと、医療のことなどが縦横に紡がれていきますが、去年のお話とも本質的につながる「命」のあり方、「生きるとは何か」を問う映画であり、会になるかと思っています。
吉岡敏朗監督の舞台挨拶もあり、映画の挿入曲にも使われている山本公成さんほしこさんの月ゆめライブもあります。

 

そして、今回の会の収益金は、テラの竹紙作家としてもおなじみで、去年の出会いの会の実行委員でもあった菅野今竹生(菅野明彦)さんが主催する、福島の子供たち(子供と保護者20人位)を和歌山に招いておこなう今夏の「保養キャンプ」に寄付されます。

福島出身で、2011年以来、福島のことを考え続けて来た菅野さんが、大きな組織をもたずに、志ある個人メンバーで立ち上げた会で、資金も乏しい中、今年7月末の実施に向けて、力と知恵を絞って準備中です。(*保養キャンプは、福島の放射能汚染地域での生活を余儀なくされる低年齢層のデトックスと心身のリフレッシュ、さらには出かける側と迎える側の互いの理解と共有をめざしておこなわれます)

私は、今回の会が、たくさんの人に見聞きしていただきよい会になるのを願うのはもちろんのこと、保養キャンプ実施に向けての後方支援にもなればいいなと思っています。
今年の「出会いの会」にたくさんの参加者があれば、福島の子供たちの「保養キャンプ」にも、より応援カンパできます。それは、去年小出裕章さんからお話しいただいた福島を風化させないということにもつながってゆき、みなができる形で小出さんから学んだことを繋げていければ、小さな波はひろがっていくだろうと思うのです。

 

今回の収益金は、和歌山の保養キャンプのほか、堺でおこなわれる幼い子供さんを持つ親子の保養キャンプにも使われます。小さな地域での足元からの活動が、あちこちで起こり、どこかで緩やかにつながり、いつしか大きくうねっていくことを願っています。


夏のはじめの法然院、方丈の間で、お庭を眺め、風を感じながらの「出会いの会」。

間際のご案内ではありますが、もしお時間ある方お出かけ下さい。

お電話でお申し込みも可ですし、当日受付もしています。

 

| - | 17:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
bottom
head
江崎満展の濃密な日々

江崎満展(6月18日から26日まで)、会期も半ばにさしかかってまいりました。

 

展示作品は、1階だけで50点あまり、2階にはな、なんと120点以上が飾られています!

 

 

圧倒的パワーで命のエネルギー炸裂する江崎さんの作品に加え、今回は初日から3晩続いてホタルライブをおこなったので、毎日、それはそれは濃密な時間です。

 

18日は、山本公成さんほしこさんの月ゆめライブ。

江崎さんとは20数年ぶりの再会とか、やんちゃだった若かりし頃がよみがえるようでした。

 

19日は村田聡さんのピアノライブ。

北畠弘子さんとのヴォイスとピアノのコラボレーションもすごく新鮮なセッションでした。

 

20日はデュオ睡蓮のおふたり。アコースティックギターと澄んだボーカルが会場に響きました。

 

いずれも、それぞれの形での江崎作品を受け止め、それぞれの形で表現する、すごいコラボレーションになったなあと思います。

 

展覧会は26日まで続きます。

連日、様々な方が来られて、禅問答のようだったり、人生談義だったり、創作への意気込みだったり、とにかく江崎さんと共に、濃くて熱い日々が続いています!

 


 

 

 

 

 

 

| - | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
bottom
head
明日から江崎満展開際します!

江崎さん、ハイエースに作品満載して到着。
車から降ろした作品は、これでもか!ってくらいのすごい量で、とても全部は飾りきれないと思ったけれど、いやはやこんなにテラに飾るところがあったなんて。


1階も2階も江崎作品炸裂してます!

 

 

そうそう、昨夜確かめましたが、ちゃんとホタルも飛んでいますよ。

今日はいいお天気だから、夜にはホタルが見られるでしょう。

ライブまであと数時間。

| 清滝テラ | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
bottom
head
不思議な1日
昨日はとても不思議な1日でした。

我が家では、この時期、毎年奈良の山中に新茶を買いに行きます。
そこは、山と畑、茶畑が広がる静かな気持ちのよい山里で、私達はその場所もお茶の味も大好きなので、もう30年以上も、そこに1年分のお茶を買いに出かけています。
まわりは、春日大社の神山として狩りや伐採を禁じられて来た原始林がひろがり、古い歴史の趣残る地域でもあります。また、カンヌ映画祭でグランプリを取った河瀬直美監督の「殯の森」の舞台になった地域でもあります。

さて、今年も頼んであった新茶を農家で分けていただき、その帰りのことです。夫がふとなぜか、いつもとは違う道に行こうと言い出しました。その道を進んで行くと、山道はどんどん狭くなり、木や草がうっそうと生い茂り、車一台通るのもやっとこさっとこという状況になりました。しかも、山はかなり深く、行けども行けども抜けられません。しかも天気は雨。もちろん車一台、人っ子一人出会いません。

ひどい道に来てしまったと、なんだか心細くなり、姥捨て山に来たような怪しい気分に陥りながら道を進んでいると、突然、信じられない光景と出くわしてしまいました。

その細い山道のカーブで、トラックが一台、道の端の溝に落ちて傾き動けなくなっているのです。しかも、そのトラックをよけようとしたのでしょうか、反対側の溝には、もう一台別の乗用車が、こちらも溝にはまって、これまた動けなくなっています。

トラックの人は、助けを求めにどこかに行ったのか、姿が見えません。乗用車の人は、雨の中、ひとり、どうしたものかと途方に暮れています。こちらも2台が道を塞いでいるので、進むことも戻ることもできませんから、なんとかすべしとお手伝いすることになりました。

病み上がりの夫は力仕事はできませんが、これまたなんという偶然か、昨日は、たまたま息子が京都にいたので、めったにないことですが同乗していました。それで、木や石を探してタイヤの下に挟んだり、皆で車を持ち上げようとしたり、、。最後に、車に積んであった折りたたみの金属椅子を溝に敷いて、エンジンをかけ、ついになんとかタイヤを溝から出すことに成功しました!

乗用車は、アンテナが折れたり車体がへこんだりはしていましたが、運転に支障はないようで、そのまま進行して行きました。そうこうするうち、トラックの方も、若い運転手さんが、麓の村から助けの人を呼んで来られたようで、こちらも何とかなりそうでしたので、私達は、なんとかそこを抜けて、それから15分ほど走り、山道を抜けることができました。

いつもの道を走っていれば、こんな山道に来ることはなく、こんな事故現場に出会うこともなかったでしょう。でも、なぜかその日そのとき、この道に来たおかげで、あんな山中で動かない車を抱えて困っている人を手助けすることになりました。

私達はいったい運が良かったのか悪かったのか、人はどこでどんな偶然とともに生きているのか、必然と生きているのか。
なんだかとても不思議な感覚となった1日でありました。
| 日々のお話 | 12:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
bottom

竹紙専門店テラ&ギャラリーテラ
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
これからの展覧会
手描きジャワ更紗展





2016年の催し

2016竹干支張子「申」



アクセス

お問い合わせ


+ PROFILE
+ Recommended Articles

ミャンマー竹紙探訪の旅バナー

2011ラオス竹紙探訪の旅
◆2011ラオス竹紙探訪の旅記録
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23

+ Special Links
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
いままでの催し
命を紡ぐ「出会いの会」
関連記事 : 2016.07.14

いままでの催し
江崎満展とホタルライブ
関連記事 : 2016.06.22 2016.06.18

いままでの催し
遊牧民の織物の世界
関連記事 : 2016.05.12 2016.05.09

いままでの催し
朽木盆と浄法寺菓子盆
いままでの催し
かつみゆきお 木の仕事
関連記事 : 2016.03.31 2016.03.31

いままでの催し
向坂典子展
関連記事 : 2016.02.23 2016.03.07

いままでの催し
小林斐子展
いままでの催し
「大村はま先生に学ぶ」会


いままでの催し
おばあちゃんと私の手仕事展
いままでの催し
気づきのワークとセルフケア


いままでの催し

いままでの催し
関連記事 : 2015.06.25

いままでの催し
関連記事 : 2015.06.13 2015.06.07

いままでの催し
関連記事 : 2015.06.05 2015.06.03 2015.05.22

いままでの催し
関連記事 : 2015.05.12 2015.05.08 2015.05.08

いままでの催し
関連記事 : 2015.04.23 2015.04.30 2015.05.02

いままでの催し
関連記事 : 2015.04.02 2015.04.03 2015.04.06

いままでの催し
関連記事 : 2015.03.1 2015.03.6 2015.03.07 2015.03.10

いままでの催し
関連記事 : 2014.11.22

いままでの催し
関連記事 : 2014.11.04

いままでの催し
関連記事 : 2014.10.02 2014.10.13

いままでの催し

いままでの催し

いままでの催し
関連記事 : 2014.07.18

いままでの催し
関連記事 : 2014.06.21 2014.06.22

いままでの催し
関連記事 : 2014.06.16

いままでの催し
関連記事 : 2014.05.26 2014.06.02

いままでの催し

いままでの催し

いままでの催し





+ OTHERS
+ MOBILE QR
携帯からもアクセスできます。
1/53 >>

Gallery & Shop Terra
このページの先頭へ